家族で使えるリビング収納

2月 17th, 2015

リビングの床やソファの上に着ていた上着や持ち歩いたカバンが散らかっていませんか。
これらが散らかっていることでリビングの居心地は悪くなります。
家族がゆっくり快適に過ごせるリビングにするにはリビングに物が散らからないようにする必要があります。

上着を一時的に掛けておける場所があるといいと思います。
同様に子どもの幼稚園カバンやランドセル、持ち歩いたカバンも一時置き場があればリビングの床やソファの上に物が散らからずきれいなリビングをつくりだすことができます。

帰宅するとまずリビングに向かいます。
向かう先のリビングに家族で共用できる収納スペースを設けることでリビングが散らかるという問題が解決できるのです。
この収納スペースを設ける時のポイントとして自分できちんと物を整理できるようにしておくことが大事です。
上着を掛けておくポールにおいては上下二段に設けることで、身長の低い子どもも自分で服を掛けたり、物を取り出したり行えます。
下段には子どものおもちゃ、中段には救急箱やファイルボックスなどと上・中・下と収納スペースを有効活用させ小さい子どもから大人まで使いやすい収納スペースにするといいでしょう。そうすることで自分のものは自分でしっかり管理するようになると思います。

リビングが散らかっていると快適に過ごせないどころか、イライラしてストレスの原因にもなります。
ストレスを感じることなく家族がホッとやすらげてくつろげるリビングにするには物をしっかり収納し、物が散らからない環境を整えておくことが大事なのです。

プライベートルーム

12月 11th, 2012

 子ども達のプライベートルームは、いわゆる子ども部屋で、勉強をし、遊び、眠るところです。では、大人にとって、プライベートルームと言うのは、どんな部屋でしょうか。自分を取り戻す空間と言えるのかもしれません。それぞれの個性によって、その部屋の様子は変わってきます。

例えば、我が家の場合、主人のプライベート空間はロフトです。二畳程度のフローリングの空間です。工務店さんに作りつけてもらった机とラックがあります。そこに、乗り物の模型が置いてあります。時間を見つけて、少しずつ作ってきたものです。主人は、この狭い空間で、模型を作るとき、子どものような目をしています。私は、キッチンの隣の二畳程度のスペースです。そこにも、やはり、机を作りつけてもらいました。私は、ここに、ノートパソコンをおいて、家事の合間に、全国の仲間たちとメールをします。転勤族だった私が各地で孤独にならなかったのは、パッチワークのお陰でした。ちょうどパッチワークが流行した時期でもありました。引っ越しした先で、パッチワークを通じて、すぐ友達ができ、離れ離れになった今でも、メールで作品を見せ合いしています。

 家族みんなで暮らす家ですから、皆が集い、くつろぐリビングダイニングは大切な空間です。それと同じくらい、一日にわずかな時間であっても、自分自身と向き合う時間が重要です。大人の数だけ、色々なプライベートルームが存在します。自分の好きな本を読む書斎であったり、釣りの道具を手入れする部屋であったりします。独立した部屋が無理な場合は、寝室に間仕切りしたコーナーを作ってもいいし、リビングの一角でもかまいません。住まいに大人たちが夢見る空間を作ってみましょう。

リビング階段にするかしないか

12月 9th, 2010

最近の流行っているのが、リビングに階段を設置して親子のコミュニケーションを保つためにと玄関からすぐ二階に上がれる階段にしない人が増えています。

佐賀で注文住宅を建てた友人に聞いたところ、最近の新築ではリビング階段にしない家よりもする家のほうが圧倒的に多くリビング階段の人気が伺えます。

大きくなったら親と顔を合わせるのがめんどくさいといった子供の意見は反映されず、コミュニケーションを大切にしたい親の意見でそのようなつくりになることが多いようです。

でも、好き嫌いがはっきり分かれるのだそうで「絶対リビング階段」という奥さんと「リビング階段はイヤ」という奥さんがいるのだとか。

リビング階段にしたい奥さんは「帰ってきた子供を笑顔で迎えたい」「友達が来たときに誰が遊びに来ているのかわからないのは困る」などといった意見が聞かれます。

反対派の意見としては「子供にもプライベートがある」「反抗期になったら親の顔を見るのも嫌だろうから、お互いがやりやすいようにしたい」といった意見が聞かれます。

子どものプライベートは考えてあげないといけないことですが、実際は「友達を連れて帰ったら、リビングで母親が昼寝をしていた」とか「夜遅く、塾から帰ってきたら、お父さんがパンツ一丁で涼んでた」とか、親の側が気をつけなければならないことも多々あるようです。

後にリフォームをすることもできるのでそんなに深刻な問題ではないと思われますが、暖房効率がよくないという事実は切実なので、リビング階段を利用するのなら、ロールスクリーンなどの仕切りをつけることそおすすめします。