ハウスメーカーVS工務店

6月 13th, 2018

家造りを進めるには依頼する業者を選ぶことから始まります。しかし、大手ハウスメーカーから地元に密着した工務店まで併せると数多くの業者が存在するだけに、その中から自分達に合った一社を選び出すというのは実は難しいことなのです。まずは自分がハウスメーカー向きなのか、工務店向きであるのかを見極めてみましょう。

ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富にそろっていますし、画一化されたデザインを持っているため提案力もあります。しかし、商品の規格化のため、寸法など自由にならない部分がありますし、自社商品のみしか売ってくれないということもあるのです。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになるのです。標準仕様の価格で考えていても、オプション要素で金額が高くなっていくことが多いのです。

工務店は、大手ハウスメーカーのように一目みただけでどこのハウスメーカーのものなのかが分かる大量生産の家造りとは異なり、建築主の希望やこだわりが活かされた一品生産の家造りを行うことができます。地域での評判を大事にするため施工はもちろんのこと、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれるので安心できます。しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いですし、提案力に欠けていたり、最先端のデザイン性には欠けてしまうかもしれません。広告宣伝費などがかからないため、同じ仕様の住宅ならばハウスメーカーよりも安くつくることができます。まずは特徴を押さえ、自分達に合っている方を選択し、最高の一社を見つけ出しましょう。

間取りや動線

4月 18th, 2018

家造りでまず最初に決めることが間取りです。間取りによってその住宅の暮らしやすさが左右するだけに、住宅内の動きを考えながら動線をイメージして暮らしやすさを感じられるように間取りを決めましょう。家族のライフスタイルや成長に合わせるとより住み心地の良さを得られるのです。暮らしの中心となるLDKを拠点に、そこから洗面室、和室、階段へ行く動線にします。

このような間取りが最近非常に多くなっています。こうすることで廊下の面積が少なくなり、居住スペースを広々と確保でき空間を有効活用しやすくなるのです。今までは当たり前に設けられていた廊下が最近ではデッドスペースとして考えられるようにもなり廊下を設けないで済む間取りが人気なのです。家事を行う上では、キッチンと洗面室を頻回に行き来をします。

このキッチンと洗面室までの移動距離を短くして家事の効率化を図りましょう。キッチンの裏に洗面室を設ける家庭やキッチンの横に洗面室を設け、キッチンから洗面室へは4、5歩で行き来できる動線の短さにしておきます。これなら同時に2種類の家事を行いやすく、家事の効率が高まり家事の時短を実現できるのです。

また、洗面室は家事を行う上でも重要ですが、生活を送る上でも家族が一日何度も利用する空間でもあります。そこで使用頻度の高い洗面室を行き止まりのない回遊型動線にしておくのもいいでしょう。家事効率を考えるとキッチンからの動線の短さがポイントとなるのは先ほど確認しました。もう一方向、玄関からの動線を確保します。外で遊んで子ども達が帰宅すると汚れていることも多いです。

玄関からスムーズに洗面室へ行くことができれば手洗いの習慣も身に付きやすく、また玄関と洗面室の動線を短くすることで汚れて帰宅した子ども達が室内を汚すこともなく洗面室でスムーズに汚れを落とせるのです。回遊型の洗面室は家族にとっても家事をするママにとっても便利さを感じるのです。

突っ張り棒を使った収納

2月 22nd, 2018

突っ張り棒とカーテンで目隠し
収納棚やスペースをキレイに片付けても気になる時は、突っ張り棒とカーテンを使って、目隠ししましょう。急な来客や片づけが面倒なとき、さっと隠せば、見た目スッキリです。突っ張り棒は100均で買えるし、カーテンの生地も何枚かあると、気分転換にもなります。紙類がちらばりやすいプリンタの目隠しや、子供の本棚など、便利です。

タオルの収納
タオルの収納は、場所を取ります。デッドスペースを有効利用して収納しましょう。洗濯機の横の面に、100均で売っている両側に吸盤がついている突っ張り棒を縦に2本並べ、タオルをクルクル巻いて収納します。タオルは下から順番に取っていき、洗濯した物は上に積んでいくと、うまく循環します。

スプレー式洗剤のレバーを引っ掛ける
お風呂、トイレなどのお掃除用のスプレー式洗剤は、突っ張り棒1本に引っ掛ければ、すぐ手にとってつかえ、しまうのも簡単です。使う場所でなくても、ストックを収納する場合も、床の場所をとらず、一目で分かるので、補充も便利です。

トイレットペーパーを置く
トイレの扉の上に突っ張り棒1本を設置して、トイレットペーパーを載せます。2段になっても落ちません。ぱっと開いた時に視野に入らず、補充が楽で、残量が一目で分かり、香りつきのペーパーだと、芳香剤代わりにもなります。

レンジの上に
レンジの上にスペースがあれば、突っ張り棒2本を使い、オーブンの板と100円ショップの箱を並べ、オーブン板の上にミトン、箱の中に、レンジのラップ替わりのプラのフタを置いています。ただし、レンジによって熱が放出されるので、空けなければいけない寸法を、説明書で確認しましょう。

あかり

1月 9th, 2018

照明を選ぶ際にはついそのデザインばかりに注目しがちで、明るさの色味や明るさの度合いまでしっかりと考慮して選ぶ人は意外と少ないです。しかし、気分や目的に合わせてあかりを変えられる照明を取り入れることで、空間の居心地がより高められるのです。

例えば、一日の始まりはすがすがしくスタートさせたいものです。人が心地よさを感じるのは快晴の青空です。すがすがしく、爽やかな気分になるので朝の目覚めの時やリフレッシュしたい時は、白~青っぽい光色の明るさで空間を照らすといいのです。家族みんなが集う夜の時間帯はよりくつろげる空間が求められます。この場合、赤みがかった光色で空間を照らします。夕暮れ空をイメージした、より落ち着いた雰囲気の空間が広がるのです。部屋のくつろぎ感が高まり、お友達や家族とリラックスしたい時には最適です。

読書をしたり、勉強をする時には、白~青っぽい光色で明るさの度合いをアップさせます。そうすることで文字がくっきりとして読みやすくなります。読書や勉強の際には適したあかりとなります。特に家族が長時間過ごすリビングでは、いろいろなことをして過ごします。その時々でぴったりの明るさで空間を包むことで、暮らしやすさや空間の快適性を実感できるだけに、照明のデザイン性だけでなくあかるさの色味や度合いにまで注目してみるといいのです。

どこにどのような照明を設けるかという配線計画は、家造りの後半でプランニングします。設置場所にもしっかりと目を向け、適した位置に適した明るさが広がるようにしたいものです。

ストレスフリーなランドリー収納

10月 15th, 2017

洗濯機を置いた場所の予備スペースはそれぞれ違うので、スペースに合わせてラックの幅や高さ、棚板の位置を調整できる組立式のラックが便利です。

金属製ラック・・・ステンレス製なら、汚れに強く耐久性があります。洗濯機の奥行きよりも浅い45cm以下を目安に選びます。奥行きがありすぎると、前後に収納するようになってしまい、奥のモノは使わずじまいになる可能性があります。

木製の組み立てラック・・・木製の柱に棚板を組み合わせるラックは、メタル製に比べて安価で軽量です。棚板の奥行きを45cm以下にして、ホームセンターで必要寸法にカットしてもらい、タテの柱に刻まれた溝に棚板を差し込んでネジで留めます。洗濯機置き場の寸法を測り、ホームセンターで相談すると良いです。

棚受け金物と棚板の組み合わせ・・・洗濯機の正面奥の壁と脇の壁を使って、棚板をもうける方法です。ホームセンターで棚受け金物と、必要寸法でカットしてもらった棚板を壁に取りつけるのですが、その際に壁の状態をあらかじめ確認します。金物をネジ留めするので、壁の下地がない部分にはアンカーと呼ばれるパーツを使うことになり、これもホームセンターで相談しましょう。

プレーンなラックを使いこなす

カゴやボックスを利用する・・・ピンチのような細かい物、何本かある衣料用洗剤、洗濯ネットなどを種類別に仕分けられるカゴやボックスを使います。天然素材のバスケット、プラスチックケース、アルミやステンレスのコンテナなどを目的に合わせて使います。

吊り下げる・・・洗濯ハンガーやピンチハンガーのように、吊り下げたほうが良い物は、S字フックを使ったり、ハンガーパイプを取りつけたりします。

美しい玄関を目指して

6月 21st, 2017

玄関は住まいの顔でもあり、第一印象を決める非常に重要な空間です。それだけにどこよりも美しい空間が求められます。我が家はそれを実現するために玄関の動線を2つに分けました。メインの玄関の横には、収納力のあるシューズクロークを設けました。このシューズクロークを家族用の玄関としても利用できるようにしました。

シューズクロークの収納力を高めたことで、メインの玄関部分には靴箱など余計なものが一切必要なく、スッキリと広々とした空間が広がっています。家族みんなの靴を大容量に収納できるだけでなく、土間収納スペースも確保しました。ここにはベビーカーや三輪車、買い物カートやゴルフバック、レジャー用品やアウトドア用品など屋外で使用する物をしっかりと収納できています。これらは室内に収納しておくことができませんし、屋外で使用して汚れていてもそのままサッとここにしまうことができるのでとても便利です。大きさのあるものもスッポリと収められるのでメインの玄関部分に物が置きっぱなしになることを避けられているのです。

家族用の玄関で屋外で使用した物を片付け、履いていた靴をしまい、そのままスムーズな動線で室内へ入れるようにしたことで、まだ小さな子どもでも物や靴をしまうという習慣が自然と身に付いてきました。収納を設ける際には収納量や出し入れのしやすさが大事なのですが、それに加え動線にも配慮することが大事なのだと実感しています。行き止まりのシューズクロークだとつい「しまう」という作業が後回しになってしまいがちなだけに動線のスムーズさは大事なのです。我が家はこれで美しい玄関を保つことができています。

室内干しの設置場所

4月 16th, 2017

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに家事動線はできるだけコンパクトにしておきたいものです。家事の中でも洗濯は体力が必要です。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。その洗濯物を抱えて洗濯物干し場へと移動しなければならないので、できるだけ動線を短くすることで体にかかる負担を軽減させられるのです。

屋外用の洗濯物干し場は日当たりや洗濯機のある洗面室からの動線を考えると思うのですが、室内干しは住宅内のデッドスペースを利用したため、動線はあまり考えなかったという人も多いのではないでしょうか。しかし、雨や雪などの悪天候時や夜洗濯を行う場合、外出して帰宅が遅くなる時など室内干しがあると便利です。そのため家造りにおいて室内干しは必須アイテムとも言えます。

この室内干しにおいても動線に注目してあらゆる状況に対応しやすい環境を整えておきましょう。そこで注目してほしいのが、屋外用の洗濯物干し場との動線です。この洗濯物干し場と室内干しはできるだけ近くに設けておくと便利です。例えば、急な雨が降って来た場合、屋外に干してある洗濯物をサッと室内干しに移動できれば便利です。我が家は、リビングに面して設けられたウッドデッキに屋外用の洗濯物干し場を設けています。室内干しは和室に設けています。

リビングの延長に設けた和室は、ウッドデッキへも行き来ができるため、ウッドデッキから洗濯物を移動しやすいのです。和室では洗濯物をたたんだり、ファミリークローゼットも設けているため、洗濯物を干す、たたむ、しまうという作業が効率よく行えています。洗面室の先に洗濯物干し場を設けている場合、広さに余裕のある洗面室を設け、ここに室内干しがあると便利です。このように屋外用の洗濯物干し場と隣接して室内干しを設けるといいのではないでしょうか。

冬でもポカポカ安心して入れる浴室

2月 24th, 2017

冬場は寒くてお風呂に入るのが面倒と感じる人も多いと思います。特に一番風呂はひんやりして足を踏み入れるのがドキッとしてしまいます。冬でも早く入りたくなる浴室を目指さなければいけません。

まずは浴室の床です。一番風呂で足を踏み入れてもヒヤッとしない床の素材を使用するといいでしょう。昔はタイル張りの床でした。私の実家の浴室の床も以前はタイル張りでした。冬場はお風呂に入るのが面倒と感じる一番大きな理由と言えるでしょう。浴槽のお湯が冷めにくいというのも大変重要です。最近の浴槽は保温力が優れています。お湯の温度が下がりにくいように浴槽全体を断熱材で覆っているのです。また浴槽のフタにも断熱材を使用しさらに保温力を高めてくれるのです。

家族が多いと入浴時間がまちまちという家庭も多いです。最後にお風呂に入る人でも適温で気持ちよく入浴できるお風呂であってほしいものです。このような浴槽にすることで光熱費にも大きく影響してきます。断熱性の高い浴槽にすることで追い焚きや自動保温の必要性がグンと減ります。光熱費の大幅な削減が期待できるのです。浴槽だけでなく浴室全体をすっぽり断熱することでより暖かい浴室となります。断熱材を壁や天井にまで張り巡らせ、窓も暖かさを逃さないガラスを使用したり断熱性を高めるといいでしょう。特に高齢者はヒートショックが気になります。暖かいところから寒いところに入ると急に血圧が高くなりショック症状を引き起こしのです。冬でも安心して入れるお風呂に心がける必要があるのです。

二階にファミリースペース

10月 24th, 2016

最近の住宅の傾向の一つとして、階段を上がった先の二階のホールを有効活用させることが挙げられます。今までは二階ホールはただの通路でしかありませんでした。しかしこのホールを有効活用させることで、憧れの空間を手に入れることができたり、実用性の高い空間を手に入れることができたり、趣味を楽しめる空間を得ることができるのです。

我が家はこの二階ホールを中心に二階の間取りを決めました。ホールの広さは6帖の広さがあります。このホールから二階の各空間へ行き来をします。昼間はキッズスペースとして子どもが遊ぶスペースとして、夜はセカンドリビングのようなファミリースペースとして利用しています。今までリビングに並べていたおもちゃをこのファミリースペースに並べたことで、リビングにおもちゃが散らかりにくく、スッキリと快適性の高い空間が広がっています。

まだ4歳と2歳の小さい子ども達ですが、親がいなくてもここで遊んでいます。その理由は、このファミリースペースはリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられているからです。吹き抜けを通して子ども達の様子が一階に伝わってくるのです。また、一階と二階で会話もしやすいので、対応が迅速にできるので安心できるのです。

夜は、一階とは違った家族の時間が流れます。絵本を読んだり、おもちゃで遊んだり寝る前の時間を過ごしています。二階にも家族で集えるスペースが一階だけでなく、二階にもあることで家族のコミュニケーションがより深められる住まいになりました。二階ホールに注目し、憧れの空間を手に入れてみてはいかがでしょうか。

使い勝手のいい洗面室

8月 22nd, 2016

リビングと同じくらい重要視されている洗面室。この洗面室は、家族みんなが一日何度も使用する場所ですし、ここに洗濯機を設置することから家事をする上でも重要なのです。重要性が分かるのが広さです。洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし洗面室が重要視されている最近では、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多くなっているのです。

広さに余裕があることで、大きさのある洗面台を設けることができます。大きさのある洗面台があれば、朝の身支度がスムーズに行えるようになるのです。朝の身支度に追われる時間帯は、家族で洗面室が取り合いのような状態になっていることも多いです。大きさのある洗面台があることで、家族が二人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができるのです。これはバタバタする朝には重宝します。

いろいろな用途で使用される洗面室には、物も集まりやすいのです。集まってくるものをきちんと管理できるように収納スペースにも充実させておきたいものです。最近では壁一面にオープンクローゼットを設け、タオル類はもちろんのこと、家族の下着やパジャマ、そしてシャンプーなどのストック品など洗面室で必要なものがきちんと整理できているのです。ここに家族の下着やパジャマがあることで、入浴前の事前準備が格段にしやすくなります。

この入浴の前後では服を脱いだり、着たりと動きが多いです。広さに余裕があればおれらの動きもよりスムーズに行えるのです。リビングばかりに注目するのではなく、洗面室にもしっかり目を向けましょう。