オール電化は本当に必要か

3月 29th, 2011

東北地方で大地震がありました。

多くの人が家を失い、家族も失いました。

生活の基盤をすべて奪われて途方にくれている人たち、一日も早く少しでも平穏な生活を送れますよう祈っています。

地震の影響で福島県の原子力発電所がダメージを受け、電気が届かずに計画停電を行っている地域もあります。

地震の直後、東北・関東、かなり広い地域で停電が起こりました。

地震の揺れは感じたものの、被害が出るほどではなかった地域でも、停電が起こり、電気がつかないという事態が起こりました。

そのとき、家の中ではどんなことが起こっていたのでしょうか。

家の中の電気がつかない。エアコンなどの暖房機が使えない。オール電化の家ではコンロも使えないので煮炊きもできない。給湯器も稼動しないのでお風呂にも入れない。キッチンも水しか出ない。

テレビに出ていたお年よりは「お湯も沸かずにお茶も飲めなかった」と言っていました。

昨年、東京都品川区の不動産中古物件を購入した友人もIHキッチンなどをオール電化リフォームして入れたそうですが、

同様に停電時は何もできない状況だったと言います。

カセットコンロのようなガス式のコンロを非常用持ち出し袋に入れておかないといけないなと思った私です。

しかし、その小さなカセットコンロでさえ、ゆれの続いている間は危険なので使わないほうがいいといいます。

見た目はまったく問題なくても、家の中に入ったらとりあえず何もできない。座るか、寝るか。究極の選択しかなさそうです。

オール電化はすべてを電気でまかなうので停電をすると一気に生活ができなくなります。

停電は30年前に比べると本当に少なくなりました。

でもこんな緊急事態には考えさせられるところも出てきます。

オール電化は本当に必要か。ちょっと考えています。

それ以外にも材料も不足していて大分でリフォームをしていた友人の住宅も工事を止めているみたいです。