ストレスフリーなランドリー収納

10月 15th, 2017

洗濯機を置いた場所の予備スペースはそれぞれ違うので、スペースに合わせてラックの幅や高さ、棚板の位置を調整できる組立式のラックが便利です。

金属製ラック・・・ステンレス製なら、汚れに強く耐久性があります。洗濯機の奥行きよりも浅い45cm以下を目安に選びます。奥行きがありすぎると、前後に収納するようになってしまい、奥のモノは使わずじまいになる可能性があります。

木製の組み立てラック・・・木製の柱に棚板を組み合わせるラックは、メタル製に比べて安価で軽量です。棚板の奥行きを45cm以下にして、ホームセンターで必要寸法にカットしてもらい、タテの柱に刻まれた溝に棚板を差し込んでネジで留めます。洗濯機置き場の寸法を測り、ホームセンターで相談すると良いです。

棚受け金物と棚板の組み合わせ・・・洗濯機の正面奥の壁と脇の壁を使って、棚板をもうける方法です。ホームセンターで棚受け金物と、必要寸法でカットしてもらった棚板を壁に取りつけるのですが、その際に壁の状態をあらかじめ確認します。金物をネジ留めするので、壁の下地がない部分にはアンカーと呼ばれるパーツを使うことになり、これもホームセンターで相談しましょう。

プレーンなラックを使いこなす

カゴやボックスを利用する・・・ピンチのような細かい物、何本かある衣料用洗剤、洗濯ネットなどを種類別に仕分けられるカゴやボックスを使います。天然素材のバスケット、プラスチックケース、アルミやステンレスのコンテナなどを目的に合わせて使います。

吊り下げる・・・洗濯ハンガーやピンチハンガーのように、吊り下げたほうが良い物は、S字フックを使ったり、ハンガーパイプを取りつけたりします。

美しい玄関を目指して

6月 21st, 2017

玄関は住まいの顔でもあり、第一印象を決める非常に重要な空間です。それだけにどこよりも美しい空間が求められます。我が家はそれを実現するために玄関の動線を2つに分けました。メインの玄関の横には、収納力のあるシューズクロークを設けました。このシューズクロークを家族用の玄関としても利用できるようにしました。

シューズクロークの収納力を高めたことで、メインの玄関部分には靴箱など余計なものが一切必要なく、スッキリと広々とした空間が広がっています。家族みんなの靴を大容量に収納できるだけでなく、土間収納スペースも確保しました。ここにはベビーカーや三輪車、買い物カートやゴルフバック、レジャー用品やアウトドア用品など屋外で使用する物をしっかりと収納できています。これらは室内に収納しておくことができませんし、屋外で使用して汚れていてもそのままサッとここにしまうことができるのでとても便利です。大きさのあるものもスッポリと収められるのでメインの玄関部分に物が置きっぱなしになることを避けられているのです。

家族用の玄関で屋外で使用した物を片付け、履いていた靴をしまい、そのままスムーズな動線で室内へ入れるようにしたことで、まだ小さな子どもでも物や靴をしまうという習慣が自然と身に付いてきました。収納を設ける際には収納量や出し入れのしやすさが大事なのですが、それに加え動線にも配慮することが大事なのだと実感しています。行き止まりのシューズクロークだとつい「しまう」という作業が後回しになってしまいがちなだけに動線のスムーズさは大事なのです。我が家はこれで美しい玄関を保つことができています。

機能性に優れたシューズクローク

10月 27th, 2015

最近、玄関横にシューズクロークを設けるのが当たり前のようになってきています。玄関をスッキリとさせるにはこのシューズクロークを設けるのが一番です。シューズクロークとは靴や傘を収納しておくだけのスペースではなく、機能性に優れたシューズクロークを求める人が増えてきています。

家族の靴を大容量に収納するだけでなく、外で使用する物で室内には収納しておくことができないアウトドア用品や洗車用品を収納しておけるスペースを確保していたり、自転車までも収納できる土間収納スペースを充実したシューズクロークもあるのです。このように土間収納スペースがあることでついつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしにしがちなベビーカーや三輪車などまで収納できます。外で使用して汚れてもそのままシューズクローク内にしまえるのも嬉しいです。

私の友人宅のシューズクロークには手洗いスペースが設けられていました。帰宅して靴を脱ぐのと同時に手洗いを済ませられれば後はゆっくりリビングでくつろげるのです。わざわざ洗面室へ手を洗いに行く手間が省けるのです。またここに上着を掛けられるスペースを確保させる人もいます。上着が必要な時期は、ソファの上にいつまでも上着が置きっぱなしになっていることも多いです。くつろぐはずの場所に物が散らかることで快適性を欠いてしまいます。シューズクローク内に上着を一時置きするスペースがあることで、リビングに上着が散らかるのを防げますし、外出時もサッと着ることができるのです。シューズクロークの機能性はこれからも求められそうですね。

収納スペースの工夫と間取り

8月 3rd, 2015

住まいを新築する時、小屋裏部屋やロフトに収納を作ることで、居住空間を圧迫しない収納空間ができます。最近は、このような大容量の収納を提案して、限られた広さの中で、家族ができるだけゆったりと健康的に過ごすように工夫することが多くなりました。このように、集中収納を設けると、一見、収納が多くできると思いがちですが、実際の使い勝手の面からは、少し問題が出てきます。

私の妹の友人が住まいを新築する時、小屋裏収納を考えてもらいました。天井高は高くないのですが、かなりの広さを確保できますから、収納量が格段に多くなります。その上、1階や2階の居住スペースを削って、収納のための部屋を作らなくて良いので、部屋はすっきり片付き、ゆったりと使うことができます。この小屋裏部屋には、御主人の釣り道具やキャンプ道具、たまに付き合いでするゴルフバック、災害時の家族分の非常持ち出し袋、ストーブやカーペットなどの季節用品などを収納することができ、マンション暮らしの時に、玄関に置きっぱなしになっていたものや置き場所に困って、トランクルームに預けていたものもすっかり片付き、尚、余裕があります。

しかし、実際に生活を始めると、小屋裏部屋へ収納したのでは困るものや重く、嵩張って、階段の上げ下ろしに苦労するものも多いそうです。そんな愚痴を聞いて、私の妹は、玄関横に納戸を作り、壁面にオープン型のシューズ棚とコート掛けとアウトドアグッズや非常持ち出し袋など収納できるラックを作りました。床は玄関土間と同じタイル張りにしましたので、ベビーカーや買い物カートもそのまま入れておくことができます。玄関が少し狭くなりましたが、ここに収納スペースを作ったことで、出し入れも簡単ですし、視界も遮りますから、玄関土間や玄関ホール周辺がすっきりと片付きました。畳2畳分縦長のスペースですが、あるとないとでは大違いです。

洗面室の収納力

6月 11th, 2015

洗面室には洗面化粧台と洗濯機を欠かせません。歯ブラシや歯磨き粉などの小物から、ドライヤーや髭剃りといった家電までも収納します。洗濯機を設置することから洗剤や柔軟剤、ハンガーなど洗濯関連用品を収納する必要もあります。またそれらのストック品を収納しておく収納スペースも必要となってきます。

それらだけでなく、下着や部屋着、パジャマまで収納しておくスペースがあるとより洗面室の使い勝手が良くなるのです。帰宅して洗面室で手を洗い、部屋着に着替えることも多いと思います。洗面室に部屋着を収納しておけば、わざわざ二階のクローゼットに部屋着を取りに行く手間が省けます。

また入浴後は新しい下着を着用しますし、パジャマも着ます。入浴後に必要な物は全て洗面室に収納されていれば、入浴前の事前準備もスムーズに行えます。洗面室は家族みんなの使用頻度が非常に高い場所です。入浴前後、帰宅後の手洗い、お出かけ前の身支度、歯磨きなど洗面室は良く利用します。

それだけでなく、洗濯を行う場でもあるので家事を行う上でも非常に重要な空間でもります。洗面室の収納力を充実させるだけでなく、動線を意識して間取りを決めることが大切なのです。家族が長時間過ごすリビングから洗面室の動線、キッチンから洗面室の動線、洗面室から洗濯物干し場への動線とこれらに気をつけるだけで、暮らしやすく、また家事も行いやすくなるのです。洗面室は非常に重要な空間となるので軽視せず、広さや配置には十分配慮したいものですね。

家族で使えるリビング収納

2月 17th, 2015

リビングの床やソファの上に着ていた上着や持ち歩いたカバンが散らかっていませんか。
これらが散らかっていることでリビングの居心地は悪くなります。
家族がゆっくり快適に過ごせるリビングにするにはリビングに物が散らからないようにする必要があります。

上着を一時的に掛けておける場所があるといいと思います。
同様に子どもの幼稚園カバンやランドセル、持ち歩いたカバンも一時置き場があればリビングの床やソファの上に物が散らからずきれいなリビングをつくりだすことができます。

帰宅するとまずリビングに向かいます。
向かう先のリビングに家族で共用できる収納スペースを設けることでリビングが散らかるという問題が解決できるのです。
この収納スペースを設ける時のポイントとして自分できちんと物を整理できるようにしておくことが大事です。
上着を掛けておくポールにおいては上下二段に設けることで、身長の低い子どもも自分で服を掛けたり、物を取り出したり行えます。
下段には子どものおもちゃ、中段には救急箱やファイルボックスなどと上・中・下と収納スペースを有効活用させ小さい子どもから大人まで使いやすい収納スペースにするといいでしょう。そうすることで自分のものは自分でしっかり管理するようになると思います。

リビングが散らかっていると快適に過ごせないどころか、イライラしてストレスの原因にもなります。
ストレスを感じることなく家族がホッとやすらげてくつろげるリビングにするには物をしっかり収納し、物が散らからない環境を整えておくことが大事なのです。