採光と遮熱、断熱

7月 22nd, 2014

市街地の住宅密集地に住まいを建てる時、必ずしも、採光に便利な方向に大きく開口しているわけではありません。例えば、西側の方向に大きく開口していれば、太陽の日差しの恩恵よりも被害の方が大きくなります。特に、春から秋にかけて、ぎらぎらとした西日が住まいの奥までさしこむことで、室温がかなり高くなってしまいます。室温が高いと、冷房効率が低くなってしまいます。太陽の日差しは、室内に明るさと暖かさを届けてくれます。しかし、太陽の光が入ってくる方向や季節によっては、明る過ぎたり、暑過ぎたりします。

私の友人が住まいを新築したのは、市街地の住宅密集地でしたが、土地の西側に川が流れていましたので、住宅密集地の狭い土地の割には、かなり開放感があります。川の土手には、遊歩道が整備されていますから、景色もいいです。この西側の土手と川の景色を借景にすれば、かなり開放感のある住まいになります。しかし、開放感を味わうためには、住まいの西側に大きな開口部が必要です。問題は、春から秋にかけての西日でした。川に面していることで、全く西日を遮るものがありません。そのため、対策を施さないでいると、昼過ぎから遮熱カーテンをしめっきりにしないといけません。これでは、西側の開放感は台無しです。そこで、遮熱タイプの複層ガラスを採用しました。遮熱タイプの複層ガラスは、太陽光の明るさだけを透過して、高い断熱性や遮熱性をもつ高性能の窓ガラスです。コスト的には、かなり大きな負担になりましたが、この投資によって、かなりの開放感と西日による暑さ対策が両立しました。実際に住んでみると、高い断熱性と遮熱性を備えているということは、西日対策だけでなく、室内の冷暖房効率をかなり向上させてくれました。以前は、このように高性能な窓ガラスがありませんでしたから、
西側に窓をつけないか、簾などで西日対策をしていました。建材の性能により住まいの居住性が上がっていきます。

息子と住む住まい

7月 13th, 2012

 私の友人の息子さんは在宅で闘病生活を続けています。

以前は、入院していましたが、4年前に在宅医療専門のクリニックを開業された先生を紹介していただき、在宅に切り替えたそうです。そのため、住まいをリフォームしました。今は、専用の車椅子で移動することもできますし、パソコンを使って、色々な人とのコミュニケーションもできるので、彼の生活の場を1階に設け、できるだけ壁をなくして、車椅子で自由に移動ができるように、段差をなくし、玄関から外出しやすいように、緩やかなスロープもつけました。

彼の部屋には、現在だけでなく、将来、必要な医療機器などが丸ごと収納できるように、作りつけの棚を設置しましたから、車椅子の移動にも支障がありません。

 在宅で闘病するということは、意識が闘病だけに向かわず、普段通りの家族との生活が続けられることで、心が癒されるというメリットがあります。反面、普通は、健常者が住むことを想定した住まいなので、闘病には不便であり、不安でもあります。そこで、介助しやすいように、専門家の助言を得て、住まいをリフォームしようと思ったそうです。頼んだ工務店さんは、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていて、高齢者や障害者などが住みやすい環境を提案してくれましたし、実際に多くの施工事例を経験していました。それでも、彼女の息子さんのように、進行性の難病を持っている患者さんの在宅医療をしていく部屋ということで、想定外のことも多かったようです。

そこで、主治医や担当看護師にも会って、医学的な助言もしてもらい、病院も見学させてもらうなど、工務店さんなりに勉強もされたようです。住まいに必要とするものは、個々の家庭の事情によって違います。それを細かく聞いて、実現してくれるのが、このような仕事熱心な工務店さんです。

漆喰

2月 19th, 2011

健康住宅に良く使われる壁材、漆喰。

聞いたことはあるけれど見た事がないとかわからないとか言う人もいるかもしれません。

古いお家の壁や、塀、蔵の壁などに使われている白い塗り壁の材料です。お城などでも良く見られます。

山形で健康住宅を建てた従妹に聞きました。

この漆喰、原材料は石灰です。天然のものなので化学物質を含んでいません。

最近は室内の壁に使われることも増えています。主流だった壁紙のクロスは張るために大量の化学接着剤を使います。

問題はこの接着剤に含まれる化学物質です。これが作用してシックハウス症候群の原因になってしまいます。

ひどい場合には化学物質過敏症になり、外出もままならないなんて事にもなります。

しかし、この漆喰の壁にすると化学物質を含まないばかりか、空気清浄の効果があり、室内の空気をきれいにしてくれる作用があります。

そして調湿効果もあるので室内の湿度が低く、いつもからりとしています。夏は涼しく、冬は暖かい。そんな快適空間が出来上がります。

なんといっても空気がきれいなことが一番ありがたいでしょうね。クロスにした場合と比べると考えられないくらいに抜群の空気環境です。

しかも部屋を6面体と捉えるとそのうちの5面は壁材で囲まれることになります。残り一面は床材です。

それだけの量のクロスに囲まれるのと漆喰に囲まれるのとではものすごい差が出てきそうだということは見なくてもわかります。

工務店も集客の時に健康な住宅をアピールしていることが増えてきています。

そんなわけで私は家を建てるなら漆喰の内壁にしたいと思っています。

透湿防水シートの効果

1月 16th, 2011

壁の中には断熱材が入っています。

外から順にサイディング(外壁材)の下に透湿防水シートが貼られていてその次に断熱材次にボード、一番内側が内壁(クロスや漆喰の壁)ということになります。

その中で外から2番目に張られている透湿防水シートの話をします。

このシートは壁の中の湿度を逃がし(透湿)、なおかつ、水は通さない(防水)というとても頭の良い紙のようなものです。

水の入ったコップにこのシートを貼って、逆さにしても水はこぼれません。実験器を使ってそのコップの外側から空気を入れると、空気の泡がたちます。

わかりやすく言うと、水は通さずに空気を通す、つまり湿度を逃がすということになるのです。

なぜそんなことをするのかというと壁の中を乾燥させるためです。

新築の住宅を建てるときにはその施工の様子を見ることができますが、比較的早い段階で透湿防水シートを貼ってしまうので、棟上げのあと、早めに見に行ってみることがおすすめです。見逃すことのないように見に行ってみてください。

この透湿防水シートは施工により、効果に差が出てしまいます。

施工がきちんとされていないと十分な効果を得ることはできないので、施工する会社にも期待したいところです。

このような下地の部分をきちんとするとで丈夫で長持ちする家を建てることができるでしょう。

完成すると見えなくなってしまう部分が一番大切だったりします。自分の家は自分で守る。

その一歩として建築中の現場を見に行きましょう。自分の家なのですから見て当然ですし、職人さんと仲良くなればもっともっといい家造りになることは間違いありません。

リビング階段にするかしないか

12月 9th, 2010

最近の流行っているのが、リビングに階段を設置して親子のコミュニケーションを保つためにと玄関からすぐ二階に上がれる階段にしない人が増えています。

佐賀で注文住宅を建てた友人に聞いたところ、最近の新築ではリビング階段にしない家よりもする家のほうが圧倒的に多くリビング階段の人気が伺えます。

大きくなったら親と顔を合わせるのがめんどくさいといった子供の意見は反映されず、コミュニケーションを大切にしたい親の意見でそのようなつくりになることが多いようです。

でも、好き嫌いがはっきり分かれるのだそうで「絶対リビング階段」という奥さんと「リビング階段はイヤ」という奥さんがいるのだとか。

リビング階段にしたい奥さんは「帰ってきた子供を笑顔で迎えたい」「友達が来たときに誰が遊びに来ているのかわからないのは困る」などといった意見が聞かれます。

反対派の意見としては「子供にもプライベートがある」「反抗期になったら親の顔を見るのも嫌だろうから、お互いがやりやすいようにしたい」といった意見が聞かれます。

子どものプライベートは考えてあげないといけないことですが、実際は「友達を連れて帰ったら、リビングで母親が昼寝をしていた」とか「夜遅く、塾から帰ってきたら、お父さんがパンツ一丁で涼んでた」とか、親の側が気をつけなければならないことも多々あるようです。

後にリフォームをすることもできるのでそんなに深刻な問題ではないと思われますが、暖房効率がよくないという事実は切実なので、リビング階段を利用するのなら、ロールスクリーンなどの仕切りをつけることそおすすめします。

金利の優遇と住宅版エコポイント

11月 25th, 2010

このところ、住宅ローンの金利が下がり続けています。

住宅金融支援機構、旧国民住宅金融公庫のフラット35は一定の基準を満たした新築の建物については安くなった金利からさらに1%の金利優遇を当初の10年間と0.3%の金利優遇をその後の10年間にすることにきめて、フラット35Sという優遇商品を扱っています。

今年の12月30日まで受付分が対象でしたが、延長が決まったということでまた家造りをする人の励みになりそうです。

また、住宅版エコポイントも、基準を満たした新築住宅を建てた人が申請すると30万円分のポイントが戻ってきます。

このエコポイントは12月31日までに工事を着工した人が対象になりますが、リフォームでも使うことができます。

詳しい事は施工する工務店に相談してください。

不景気で建築する人が減るのではないかと思っている時に、緩和措置や優遇措置が出てくると家を建てたい人たちは一斉に動き始めます。

なので、今はちょっとした建築バブルといえるかもしれません。

建材がすごい勢いで値上がりしてみたり、断熱材のグラスウールが品薄で手に入らなくなったりと建築業界も大慌てをしています。

またリフォームなどでエコポイント対象商品のサッシや建材を使うことも注文されています。

そして、この緩和措置や優遇措置は期間を切っているので注意しないと対象にならなくなってしまいます。

今ならまだ間に合うけれど、そんな住宅会社の事情もあるのでもしかするともう間に合わないのかもしれません。

家作りにはタイミングがあります。

それも、金利が低いとか高いとかに関係ない場合もあります。

建てようと思って、建てることができたらそれが一番いいタイミングなのだろうと思いますが、せっかくならば優遇のチャンスは逃したくないですね。

都会の家造り

10月 17th, 2010

私の姉が埼玉で注文住宅を建てました。

ご存知の通り、埼玉県はベッドタウンで義理の兄は東京で仕事をしています。

通勤時間は約二時間。それでも自分の家が欲しかったので満足していると義理の兄は言います。

土地は新規開拓の造成地。以前は雑木林だったところを開拓してできた団地です。

義兄の出身は秋田。埼玉からは陸続きなので車でも新幹線でも帰る事ができます。

実家と職場との兼ね合い。それに自分の手の届く範囲での埼玉の注文住宅。

それを義兄は選び、姉と二人で家造りをしたのでしょう。

建物自体は決して大きくはないけれど、自然素材を使った健康住宅を建てました。

子供はもう、高校生なのでいつまで一緒に暮らせるかわかりませんが家族の健康を願う幸せがたくさん詰まった家が出来上がったのです。

私にも相談があったのでできる限りの協力をしました。いつも、家造りに関してのお話を皆さんにさせていただいていますが、身内からこうやって頼られると嬉しいものです。

そして姉は私が紹介した工務店で幸せの器を手に入れました。

先日、姉のところへ遊びに行き、自慢のお家を見せてもらいましたが、無垢の床と漆喰の壁がとてもきれいでこの先、この家でみんなが幸せに暮らせるのだろうと思いました。

本当にいい家とは家族が安心して安全に暮らせる家だと思います。

天然素材を使った健康住宅に住むことができればいいかもしれませんが、そうでなくても家族の笑顔が絶えない家で家族みんなが幸せならばそれでもいいのではないかと思います。

家造りをしよう

2月 12th, 2010

今、家を建てようとしているあなたとあなたの家族構成、そして年齢はどのくらいでしょう?

少子化傾向にある今、家族3人の家造りもめずらしくありません。

子供が小学校に上がる前に建てようと思う人は学校に近い土地を探したり、入学に間に合うように家造りの計画をたてたりします。

実家は私が小学校に上がる前に今の家を建てました。

私は家を建てたときのことも引越しをしたときのことも覚えているし、社会人になって家を出るまでの間20年近くを実家で過ごしたので、思い出がたくさんあり、離れがたい我が家です。

私のように実家に思い出がたくさんあって、実家が一番くつろげると思っている人はたくさんいることでしょう。

子供にとっての家とは家族が集うしあわせの場所での楽しい思い出として心の中に刻まれていくのです。

こどもが中学生高校生と、それなりに成長してからの家造りだと打合せに参加したり、自分の希望を伝えて反映させたりできるのでこちらも思い入れが強くなるのではないかとおもいます。

なぜ家を建てるのか。今まで住んでいた家が老朽化して住めなくなったので仕方なく、という人もいます。

ですが、ほとんどの人の実際は、家族が揃って幸せにたくさんの思い出を作りながら暮らしていくための家造りなのではありませんか?

賃貸生活でいろいろなところに住んだり、日本全国への転勤があるのでひとつのところに留まれないという人でも、子供がある程度の年齢になると家を建てて、単身赴任をしたりします。

家族一人一人の笑顔のために、家造りにはいろいろな思いが込められています。