室内干しの設置場所

4月 16th, 2017

洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに家事動線はできるだけコンパクトにしておきたいものです。家事の中でも洗濯は体力が必要です。洗濯を終えた洗濯物は水を含み重さを増します。その洗濯物を抱えて洗濯物干し場へと移動しなければならないので、できるだけ動線を短くすることで体にかかる負担を軽減させられるのです。

屋外用の洗濯物干し場は日当たりや洗濯機のある洗面室からの動線を考えると思うのですが、室内干しは住宅内のデッドスペースを利用したため、動線はあまり考えなかったという人も多いのではないでしょうか。しかし、雨や雪などの悪天候時や夜洗濯を行う場合、外出して帰宅が遅くなる時など室内干しがあると便利です。そのため家造りにおいて室内干しは必須アイテムとも言えます。

この室内干しにおいても動線に注目してあらゆる状況に対応しやすい環境を整えておきましょう。そこで注目してほしいのが、屋外用の洗濯物干し場との動線です。この洗濯物干し場と室内干しはできるだけ近くに設けておくと便利です。例えば、急な雨が降って来た場合、屋外に干してある洗濯物をサッと室内干しに移動できれば便利です。我が家は、リビングに面して設けられたウッドデッキに屋外用の洗濯物干し場を設けています。室内干しは和室に設けています。

リビングの延長に設けた和室は、ウッドデッキへも行き来ができるため、ウッドデッキから洗濯物を移動しやすいのです。和室では洗濯物をたたんだり、ファミリークローゼットも設けているため、洗濯物を干す、たたむ、しまうという作業が効率よく行えています。洗面室の先に洗濯物干し場を設けている場合、広さに余裕のある洗面室を設け、ここに室内干しがあると便利です。このように屋外用の洗濯物干し場と隣接して室内干しを設けるといいのではないでしょうか。

二階にファミリースペース

10月 24th, 2016

最近の住宅の傾向の一つとして、階段を上がった先の二階のホールを有効活用させることが挙げられます。今までは二階ホールはただの通路でしかありませんでした。しかしこのホールを有効活用させることで、憧れの空間を手に入れることができたり、実用性の高い空間を手に入れることができたり、趣味を楽しめる空間を得ることができるのです。

我が家はこの二階ホールを中心に二階の間取りを決めました。ホールの広さは6帖の広さがあります。このホールから二階の各空間へ行き来をします。昼間はキッズスペースとして子どもが遊ぶスペースとして、夜はセカンドリビングのようなファミリースペースとして利用しています。今までリビングに並べていたおもちゃをこのファミリースペースに並べたことで、リビングにおもちゃが散らかりにくく、スッキリと快適性の高い空間が広がっています。

まだ4歳と2歳の小さい子ども達ですが、親がいなくてもここで遊んでいます。その理由は、このファミリースペースはリビングの一部を吹き抜けにした面に沿って設けられているからです。吹き抜けを通して子ども達の様子が一階に伝わってくるのです。また、一階と二階で会話もしやすいので、対応が迅速にできるので安心できるのです。

夜は、一階とは違った家族の時間が流れます。絵本を読んだり、おもちゃで遊んだり寝る前の時間を過ごしています。二階にも家族で集えるスペースが一階だけでなく、二階にもあることで家族のコミュニケーションがより深められる住まいになりました。二階ホールに注目し、憧れの空間を手に入れてみてはいかがでしょうか。

使い勝手のいい洗面室

8月 22nd, 2016

リビングと同じくらい重要視されている洗面室。この洗面室は、家族みんなが一日何度も使用する場所ですし、ここに洗濯機を設置することから家事をする上でも重要なのです。重要性が分かるのが広さです。洗面室の一般的な広さは1坪と言われていました。しかし洗面室が重要視されている最近では、1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多くなっているのです。

広さに余裕があることで、大きさのある洗面台を設けることができます。大きさのある洗面台があれば、朝の身支度がスムーズに行えるようになるのです。朝の身支度に追われる時間帯は、家族で洗面室が取り合いのような状態になっていることも多いです。大きさのある洗面台があることで、家族が二人並んで歯磨きをしたり、身支度を行うことができるのです。これはバタバタする朝には重宝します。

いろいろな用途で使用される洗面室には、物も集まりやすいのです。集まってくるものをきちんと管理できるように収納スペースにも充実させておきたいものです。最近では壁一面にオープンクローゼットを設け、タオル類はもちろんのこと、家族の下着やパジャマ、そしてシャンプーなどのストック品など洗面室で必要なものがきちんと整理できているのです。ここに家族の下着やパジャマがあることで、入浴前の事前準備が格段にしやすくなります。

この入浴の前後では服を脱いだり、着たりと動きが多いです。広さに余裕があればおれらの動きもよりスムーズに行えるのです。リビングばかりに注目するのではなく、洗面室にもしっかり目を向けましょう。

ママのためのワークスペース

6月 8th, 2016

キッチンの近くにママのためのワークスペースを設ける家庭が多いです。家事は立って行うものばかりではありません。家計簿をつけたり、裁縫をしたり、子どもの行事のスケジュールを管理したり、パソコンで夕飯のレシピ検索をしたりデスクワークすることも多いです。ママのためのワークスペースがなければ食事を行うダイニングテーブルが作業スペースとなってしまいます。食事の度にテーブルの上を片付けなくてはいけませんし、食事をするスペースとデスクワークを行うスペースが同じというのも生活にメリハリがなくなってしまいます。

デスクワークも円滑に行えるようにママのためのワークスペースを設ける家庭は増えてきました。家事の中心であるキッチンからより近い場所に設けることで、キッチンで炊事をしている合間の時間を効率良く使い、デスクワークを行えたり、ここで休憩することができるのです。ここでパソコンを使用することからよりキッチンに近い場所にあることで、パソコンでレシピ検索をした際もレシピを見ながら調理がしやすいのです。

予めママスペースを間取りに組み込むことで、空間をスッキリさせることができるのです。カウンターを設けてそのカウンターの下や上部を利用して収納スペースを確保しておくことも忘れないようにしましょう。パソコン関連用品や書類、裁縫道具などを収納しておくスペースがあるとカウンターの上をスッキリと片付けられます。家事や育児、そして仕事と日々忙しくするママにとって自分の居場所があるとホッとできるものですね。

コミュニケーションを大事にする家

4月 9th, 2016

我が家の新築住宅はコミュニケーションを大事することを一番に考えました。そこでまず取り入れたのがリビング階段です。リビング階段は最近多く取り入れられるようになりました。リビング階段でなければ、玄関から直接階段へ上り二階の部屋へ行くことができます。そのため知らない間に子どもが帰宅していたということもあるかもしれません。逆に家に居ると思ったのにいつの間にか外出していたということも出てくる可能性があります。リビング階段であればこのような心配はありません。

家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行くことができません。そのためリビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作りだされ、顔を合わせることでコミュニケーションも生まれやすくなります。親は子どものちょっとした変化にも気づいてあげやすく、しっかりと対応することができるのです。このリビング階段は、子どもの犯罪率を下げているというデータもあるのです。

またコミュニケーションを大事にするためにリビングの一部を吹き抜けにしました。吹き抜けにすることで一階と二階で家族がバラバラで過ごしていても吹き抜けを通して会話しやすくなるのです。また我が家は階段を上がった先にファミリースペースを設けています。このスペースは昼間はキッズスペースとして子どもの遊び場として使用しています。このスペースは吹き抜けに面しているため、子ども達だけで遊んでいても吹き抜けを通して気配を感じられるため安心して遊ばせることができています。コミュニケーションを大事にできる工夫をしたことで家族の繋がりをしっかりと感じられる家になりました。

家族が繋がりを感じられる家

12月 20th, 2015

子どもが小さい間は親と過ごす時間が当たり前のように過ぎていきます。しかし子どもが成長するにつれ、親と過ごす時間よりもお友達と過ごす時間や一人で過ごす時間が増えていきます。親子の時間が少なくなっても家で過ごす時間は家族の繋がりを感じられるそんな家でありたいなと思い家造りを進めてきました。

我が家の子どもはまだ4歳と2歳でまだまだ親子で過ごす時間が当たり前で、常に一緒の時を過ごしています。しかし子ども達だけで遊ぶ時間も増えてきました。そこでリビングの一部を吹き抜けにしました。この吹き抜けに面して二階のホールにはファミリスペースを設けたのです。昼間はここを子ども達の遊ぶスペースとして利用しています。子ども達だけで遊んでいても、この吹き抜けを通して子ども達の様子が伝わってきます。吹き抜けに向かって話しかければ一階と二階で会話もしやすくなるのです。互いの気配を身近に感じられるため、一階と二階別々の空間で過ごしていても安心感があります。

このファミリスペースを設けたことで、一階だけでなく二階にも家族で集える空間を得ることができました。寝る前の時間はここが家族団らんの場です。いざ眠くなったとしても寝室が近いので、子どもも自らサッと寝室へ行き寝る様になりました。家族でコミュニケーションを取れる場所がたくさんあるのはいいものです。

そして最近人気となっているリビング階段を取り入れました。リビングを必ず通らなければ二階の部屋へは行けないので、リビングで家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションも生まれやすくなるのです。子どもが成長しても家族の繋がりを大事にできる家で生活することで家族と過ごす時間を大切にできることでしょう。

スキップフロアのある家

1月 9th, 2015

リビングにスキップフロアがあればリビングの延長となり開放感も増すと思います。
スキップフロアのある家は遊び心があり、オシャレな印象を受けます。
またこのスキップフロアの活用法も様々です。

リビングの延長と考える人に多いのは畳を敷き詰めゴロンと横になれるスペース造りをしたり、子どもの遊び場として活用する人が多いです。
他にはパソコンルームとして活用する人も多いです。
家でパソコンを使い使用する人が多いので住宅にちょっとした仕事部屋のような空間があると仕事に集中でき重宝する空間となることでしょう。
ここを収納スペースとして活用してもいいと思います。
必要な物をサッと取り出しやすく便利な収納スペースとなることでしょう。

スキップフロアにすることでちょっとした個室という感覚を得ることができます。
専業主婦の母親はいつも子どもと一緒にいます。育児に家事に毎日あっという間に過ぎてしまいます。
しかし自分だけの時間を楽しみたいと願う母親も多いと思います。
私もその一人です。しかし現実には無理です。少しでも自分だけの時間を楽しめるようにするだけで家の居心地もよくなるのです。
そのためにもスキップフロアで自分だけの空間造りをし、自分の時間を過ごせれば満足度の高い家になると思います。
スキップフロアをママルームとして子どもに邪魔されることなく家事をスムーズに行え、時にパソコンの仕事を集中して行えるようにしたいです。
ママルームに居ながらリビングにいる家族の様子を眺めることができればママも安心して自分の時間を楽しめるのです。
スキップフロアのある家はママの満足度が高い家と言えそうです。

サンルーム

8月 21st, 2014

最近は、共働きも増え、家電の発達もあり、家事の仕方も大きく様変わりしています。例えば、朝していた洗濯も、洗濯機が静音設計になって、家族のみんなが入浴した後でして、夜の間に干しておくようになりました。夜に洗濯物を干すということは、防犯上、心配です。また、朝干していくにしても、最近はゲリラ豪雨もありますし、花粉や黄砂やPM2.5の問題もあります。特に、花粉は、午前中からだんだん増えてきて、午後3時ごろまでピークが続きます。外に干しておくのは心配です。

私の友人は共働きで、3人の子どもがいます。今まで、分譲マンション11階に住んでいましたので、夜に洗濯物を干しても、防犯上の心配がありませんでした。しかし、住まいを新築するとなると、夜に洗濯物を干すと、心配です。住まいの前の道路は、昼間は比較的人の通行量が多いのですが、夜になると、人通りが絶えてしまいます。そのため、夜干しは心配です。

以前、見学したモデルハウスでは、2階のベランダに、サンルームがあって、昼夜や天候に関わらず、洗濯物を干すことができます。マンションでは、雨の時、リビングに大量の洗濯物を干していたので、帰宅すると、リビングがじめじめしていましたし、カーテンの後ろとかにカビが生えてしまいました。新築後には、このサンルームのお陰で、住まいの中に洗濯物から発生する湿気が放出されることもないために、安心です。また、御主人と1番下の息子さんが花粉症ですので、花粉などの時期には、晴天でもリビングに洗濯物を干していましたが、それも気にしないですむようになりました。なんせ、育ち盛りの3人の子どもで、これから中学に進み、部活が始まると、さらに、洗濯物が増えていきます。バスルームに換気暖房乾燥機があるのですが、洗濯物が多すぎますので、サンルームを作って良かったと思います。

生活する上での子供と大人の違い

6月 13th, 2010

子供の視点は本人の身長よりも10センチくらい低くてなおかつ10度くらい下を見ています。

大人に比べてかなり視点が低いことがわかります。

よく、真夏の暑い時期に外を散歩するときには大人よりも子供のほうが熱の反射を強く受けるので、脱水症状などが出ないように気をつけなければならないといわれています。

大人には気がつかない光の反射や熱の反射を受けている場合もあります。

散歩中の熱反射は理解もできますが、室内での反射とはどんなものがあるのでしょう。

窓ガラスから入ってくる直射日光は、大人でも暑いものです。

夏ならばすだれをかけたりよしずを立てたりして日差しを遮る工夫をします。

冬は夏と比べて日光の入ってくる角度が変わりますが、冬の日差しは暖かいのでひなたぼっこなど楽しんでみるのもいいでしょう。

今は、ガラスから入ってくる熱を遮るLow-Eガラスというものも普及してきました。

自然の光や熱は上手に使うといいと思います。

あまり気にすることもないかもしれませんが床からの冷え込みや日光の反射なども、大人より子供のほうが影響を受け易いので注意してあげてくださいね。

大分で注文住宅を建てるときには子供の目線で家造りを考えてみることも必要です。

真夏の室内で熱射病にかかり、亡くなるお年寄りがいますが、やはり、生活をしている視点の高さが違ってくるのでしょう。

新しい家での生活をするにあたって、老若男女、みんなが快適に過ごせるように考えましょう。

間取りの考え方

3月 15th, 2010

何部屋欲しいですか?

という質問に対して、ひとり一部屋という希望が普通です。

ですが、3人以上お子さんがいた場合には一人一部屋と考えるよりも女の子の部屋、男の子の部屋と考えて一緒に使わせるという方法もあります。

双子でない限り、成長に時間差があるので、複数で同時に部屋を使う期間はそう長くはありません。

部屋数を多く作るとそれに伴って建物もそれなりに大きくなってしまいます。

それだと、今度は子供たちが巣立ってから先、空室をもてあましてしまうようにもなります。

だとすれば、最初から部屋の数も少なくして、無駄のないようにして、建物を建てておけば後々の使い勝手も違ってくるかもしれません。

子供が小さいうちは個々に部屋を持つよりもリビングで勉強することも多く、個室は遊ぶためと寝るための部屋ととらえることもできます。

そうした場合、個室の環境を整えるよりはリビングでの居場所を確保してあげることも考えましょう。

キッチンにカウンターを設置し、そこでお母さんは家事をしながら子供の勉強する姿を見守ることができるようにしたり、テレビをつけない時間を決めたりという工夫も必要でしょう。

一緒にすごす時間を大切にする。

そして、楽しい時間とともに約束や決まりごとをきちんと取り決めて家族みんなで守る。

それも子供のしつけのひとつではないでしょうか。

少年犯罪が増えている昨今、家の新築に伴って個室を与え、何をしているのかわからない状態にするよりは同じ空間をシェアしてお互いを思いやる気持ちを育てることも大切なのではないでしょうか。